株取引のコツを掴んだ男性イメージ

株で損しない立ち回りとは?

株式投資はリスクのある金融商品ですので絶対に損をしない方法というものは存在していません。
損をするリスクを多く負えば大きく儲けることが出来るチャンスを広げることが出来るという仕組みになっていますので、損をしない立ち回りというものを考える際には大損をしない方法であると考えておくのが良いでしょう。
絶対に損失を出さないようにしたいのであれば定期預金以外に手を出さない様にするしかありません。
例えば株式投資で損をしないためには損失の拡大を早めにストップさせるために損切りという行動を選択できるようにならなくてはなりません。
これは損失を最低限に抑えるための仕組みであり、株式投資の基本的な考え方として持っておかなければなりません。
損切りは損失の確定ですので最初は非常に抵抗があるものであると言えますが、損失が小さい内に刈り取る行動を徹底することは損をしない立ち回りのためには重要なのです。
利益を生むと考えていたのとは異なる方向に進んだ場合には自分の読みが間違っていたと早期に認め、仕切り直すために必要な仕組みが損切りなのです。
もう一つはナンピン買いという方法です。どんな状況であっても損失を生む方向に相場が動くことは起こり得ます。
もしも大きく損失を出したのであれば下げた株価で買い増しを行うというのが一つの手法です。
この方法は買い増しによって平均取得額を下げる効果が期待されます。
株価が下がっても本質的な価値に傷が付いたわけではないと信じられる場合には、買い増しによってメリットを得ることが出来ます。
これらの株取引における損をしないための立ち回り方について、しっかりとした知識を身につけておくことが非常に重要です。

株の情報はどこで仕入れる?

株の情報を仕入れる場合は、幅広く入手を心掛けて、情報源を偏らせない事が大切です。
また、リアルタイムの株情報を重視しても、十分に必要なヒントが仕入れられるとは限らないといえます。
株には正確性が不可欠ですが、用途に合わせてリアルタイム性を求める使い分けも必要です。
長期の投資家は、提供される速さよりも正確さに重きを置き、同時に幅広く状況を把握する為のヒントを集めようとします。
具体的には、テレビや新聞といった一般的なメディアを中心に、ネットは参考情報の一つと考えて、どれかに比重を置かない点が特徴です。
一方、日々の株価変動で利益を求めるデイトレーダーは、情報に速度とネット取引の親和性を求めています。
ネットで手に入る情報は、過去のメディアよりも速度面で有利なので、株価の変動を表すグラフを提供するサイトが活用されます。
更には、株取引を行う証券会社が提供する機能も、現在の株式市場を把握する為に役立ちます。
数値に関する情報であったり、頻繁に変動する内容に限れば、デイトレーダーにとってネットの方が便利です。
しかし、株の価値を左右する要素は数値だけでなく、企業が発表する内容や関連性の高いニュースも影響します。
つまり、現状と今後の変化を想定したいのであれば、幅広い情報源から予測に役立つヒントを得る事が効果的です。
ライバルが情報を得る方法を考えれば、自ずと同様の内容を知る必要性に気が付いたり、広範囲から均等に集める重要性が分かります。
新聞の購読を考える場合は、一般紙と経済誌を複数、テレビはニュースを中心に見る事、ネットはリアルタイム性の高い話題を中心に集める事がおすすめです。
後は情報に重みを付けて優先度を決めたり、組み合わせ方や重視する情報源を導き出す事によって、取引の判断材料集めが有利になります。

無理な株取引をしないために

株取引は上手く取引をすれば大金持ちになる事も夢では無いですが、その一方で失敗してしまうと大きな損失を出してしまう事もあるので、取引の仕方にもよりますがハイリスクでハイリターンな資産運用の方法とも言えます。
そして、株取引はプロの人でも全く損失を出さずに取引をする事は不可能であり、如何に損失を少なくして利益を大きくするのかが重要となります。
当然取引を行うからには儲けたいという気持ちはあるものですが、その気持ちが強く早く大儲けしたいと焦ってしまったりする事で、却ってそうした気持ちのせいで結果的に大きな損失を出してしまう人もいます。
そうならないようにしっかりと取引をする事が大切であり、ここではそのためのいくつかの心構えについてお話しします。
まず、最初に株取引を行うためには資金が必要となりますが、はじめたばかりの内から大きな取引をして儲けようとはしない事です。
はじめたばかりの頃はまだどのように取引をしたら良いのか何もわからない状態であり、そのような時から大量の資金をつぎ込むのは無謀です。
特に生活に支障が出るほどの危険な取引は行おうとはせずに、焦らずじっくりと攻める気持ちが大切です。
また、一つの銘柄に資金の全てをつぎ込むのは儲ける時も大きいですが損失する時も大きいので、いくつかの銘柄に分散して投資をするようにすべきです。
ただ、分散する際にもあまりにも分散しすぎてしまうと管理しきれなくなってしまうので、きちんと管理していける程度に抑えておく事も大切です。
その他には損切りの判断もしっかりとするべきです。
初心者の場合、株価が下がった場合でももう少し待てば上がるのではないかと損切りが出来ずに損失を増大させてしまう事もよくありますが、そうした判断はすぐに出来るように初心者の内は予め損切りのタイミングを決めておくと良いです。

■株で大きく勝つ方法とは?
実録!!仕手株タックルズ|億トレ続出のイナゴトレード銘柄・最新の仕手株リスト!